「鬼滅の刃」を読む? (井手)

 

毎日が暇でしょうがない。

 

こんな人生も悪くないなあ、と思いながら、時間潰しが家族サービスになり、

 

家族サービスなのに自分が一番楽しんでいる。

 

折角の人生、楽しく過ごさなければ…ね。

 

ある時、この勿体ない時間「焼き物をやってみようか」と真剣に娘に聞いた。

 

そしたら一言「朝ドラの見過ぎでしょ!」そんなことより

 

「お父さん、絵を書けば」

 

「絵っ、絵、え~描けませーん!」

 

だから焼きものなんだと、と訳の分からない理屈を並べていました。

 

漢検でも受けてみるか?

 

ふと頭を過るが、なかなか難しそうだ。

 

そうこうしている内に学校が徐々に再開になり、小・中・高の学生がいる我が家は

 

途端に新型コロナ罹患の確率が一気に上がるというピンチに陥った。

 

と思えば、有難いことに「司会講習会」の依頼が。

 

早速、フェイスガードを付けてみて喋ってみた。

 

声量が34割減とのこと。

 

新しい生活様式に馴染まない司会講座…どうするか考えよう。

 

続きを読む

次の首相には誰か? (井手)

 

憲法や政治意識について尋ねる全国世論調査を朝日新聞が実施した。

 

3月上旬~4月中旬、郵送)

 

次期首相の名前を具体的に6名挙げて質問しているが、

 

その6名を挙げた理由は不明のようだ。

 

少し礼儀を欠く失礼な質問だったかもしれないが、そこは突っ込まない。

 

石破茂氏・岸田文雄氏・河野太郎氏・菅義偉氏・小泉進次郎氏・枝野幸男氏、

 

この6名の名前が挙がっている。

 

 

以下、朝日デジタルニュースより抜粋。

 

 

次の首相に求める資質を5択で聞くと、全体では、「公正さ・誠実さ」が40%で最多。

 

(そりゃそうだろう、今の首相には公正さ・誠実さが無いからね)

 

「リーダーシップ」22%、「政策・理念」20%、「調整能力」11%、「発信力」4%と続いた。

 

次の首相の支持層別では、支持率が6人中トップだった石破茂氏の支持層は「公正さ・誠実さ」45%がもっとも多く、「リーダーシップ」23%、「政策・理念」20%と続いた。

 

 一方、安倍晋三首相が「後継者」と目するとされる岸田文雄氏の支持層は「リーダーシップ」33%がもっとも多かった。「政策・理念」26%が続き、「公正さ・誠実さ」は24%3番手だった。

 

 ほかの政治家の支持層をみると、「公正さ・誠実さ」がトップだったのは、39%の小泉進次郎氏と、53%の枝野幸男氏。一方、「リーダーシップ」がトップだったのは、34%の河野太郎氏と、26%の菅義偉氏…以下省略

 

続きを読む

感染症で世界が…(井手)

 

14世紀。

 

ペストがヨーロッパで猛威を振るった。

 

結果、人口が激減し社会は大きく変わる。

 

奴隷のように扱われてきた農民がいなくなり、荘園制度が崩壊する。

 

そして「これだけ次々に人が死ぬんだから、この世に神様なんていない」

 

こうして庶民の気づきでキリスト教も崩れていった。

 

流行が落ち着くと、やがて人間的なルネサンスが生まれていく。

 

ペストという感染症が結果的に社会を変えたのだ。

 

 

 

16世紀。

 

無敵艦隊スペインの大航海時代。

 

ジョニーデップの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界だろう。

 

スペインの探検家で軍人のフランシスコ・ピサロは、インカ帝国を滅ぼしてことで有名。

 

彼は軍人と召使の母との間に生まれ、教育もされず文字も知らないまま育った男である。

 

その男がたったの180人の私兵部隊(ほぼ海賊)で数万のインカ軍を打ち倒すとは…

 

インカの軍勢を率いたのは皇帝アタワルパ。

 

当初、圧倒的な戦力差で勝利を収めた後のスペイン人の処遇を考えるほど余裕だった。

 

半分は神の生贄、残りは去勢して使役としてこき使う。

 

しかし180人の私兵は戦闘のプロで、武器もインカ軍とは比べ物にならない…と、

 

教科書では武器の差や、相手を出し抜く戦術などで相手をパニックに陥れ…となりますが、

 

実はその背景には、天然痘ウィルスが存在していたようです。

 

スペイン人は免疫を持っていますが、インカ帝国の人々は半分以上が命を落としました。

 

これをインカの人々は、信仰している神の差だと思い込み、以来キリスト教に改宗しました。

 

続きを読む

困った子(miori)

おはようございます。
先日、夢の中で朝起きたら猫の歯が全部抜けている夢を見てかなり焦りましたが夢だったので一安心…と思ったら、実際に自分の差し歯が抜けてしまいました。歯医者へ行ったら取れたものをまた付けることが出来たので一安心。

さて、我が家の短足将軍こと、いなり氏。
度々変なポーズや顔で笑わせてくれる、我が家のムードメーカー的存在。
続きを読む

不正が酷い (井手)

 

北九州市の小学校でクラスター感染…休校に。

このような状態が全国で起きなければいいが…心配ですね。

では、本日のブログ。

 

黒川前東京高検検事長が辞任。

 

新聞記者との賭けマージャン、しかもステイホーム週間の期間中。

 

三密を避けるためマージャン店が休業要請の最中に検事長がこの様である。

 

何を考えているのか、何も考えてないのか、そして辞任。

 

何ともお粗末だ。

 

政府が法解釈を変更してまで黒川氏の定年を延長したのに、

 

それが賭けマージャンで、何と訓告止まり…そりゃ刑事告発されるわな。

 

常習性とか掛け率のことをごちゃごちゃ言っているけれど、

 

立場を考えたら、そんなもの通るはずがないだろう。

 

 

 

お粗末君はもう一人。

 

前法務大臣の河井克行衆院議員だろう。

 

妻の案里参院議員当選のために、自ら地元議員らを訪ね回って

 

現金を配ったと報じられている。

 

前法務大臣が、この様か…意識の低さに驚くばかりである。

 

死刑執行の責任者が…モラル以前の問題だろう。

 

続きを読む

つばめが来る(miori)

おはようございます。
東京都でもようやく緊急事態宣言が解除されましたが、コロナウイルスがいなくなった訳ではないのでまだまだ油断は出来そうにもありません。
解除はされたものの、未だにマスクやアルコール消毒液などは市場には出回っておらず、しばらくは我慢の日々が続きそうです。

さて、こんな暗い世の中でも明るいニュースがひとつ。

先日、井手家に新しい家族が増えました!
続きを読む

やっとプロ野球が始まるぞ (井手)

 

 

喜ばしいニュースだ。

 

プロ野球は62日から無観客で練習試合を開始する。

 

8球団が主に関東で、4球団が西日本で、なるべく移動はしない方針だ。

 

そして619日、無観客だがプロ野球が開始される。

 

嬉しいなあ…徐々にだが、それぞれのスポーツが再開されるのは感動ものだ。

 

苦しんでいる方の励みにもなるだろう。

 

当分は、テレビの前での応援だが、それでも興奮する。

 

続きを読む

コロナの搬送業務…(井手)

 

 

新型コロナでお亡くなりになられた方の搬送業務は、

 

現在、一部の葬祭業者が行ってくれている。

 

新型コロナは、まだその正体がはっきりとは解明されていないが、

 

経験的に大分分かって来たようだ。

 

未知のウィルスに立ち向かうのは医療関係者に限らず命がけの勇気がいることだ。

 

そして愛する者を亡くした遺族からすれば、

 

その原因が新型コロナであれば、どうしてよいかわからず狼狽えるだろう。

 

葬祭業者は依頼があれば断りたくはない…困っている方の力になりたいが自分の家族もいる…実に悩ましい問題だ。

 

それでも最前線で、自らを完全防備に装いウィルスと戦っているスタッフたちがいる。

 

通常、法医学者が解剖時に装備している防護服等が、

 

戦いの基準となることは分かっていたが、それでも、それでも、やはり怖い。

 

いざという時の薬や医療体制が万全でないのに、

 

勇気を出して搬送業務に従事した葬祭スタッフには頭が下がる。

 

続きを読む

在宅ワークと猫。(miori)

おはようございます。

コロナ自粛の為、先月から在宅ワークなのですが、家で仕事をするとなると正直、捗りません。
やるぞ!と決めて朝から昼、休憩を挟み夕方の犬の散歩に行くまで、帰宅してお風呂やご飯を済ませ寝る前に少し…とかなり休憩を挟みつつなのですが、捗らないもう一つの要因がこちら。

続きを読む

お散歩と花飾り(miori)

おはようございます。
コロナ自粛の為、毎日やることが無くて暇で暇で仕方ありません。
休みだからなんでも出来る!と思ってもダラダラ過ごしてしまい結局一日が終わってしまうと言うパターンが出来上がりつつあります。

そんな私も最近日課となりつつあるのが…

実家の犬の散歩。

やる事と言えば犬の散歩くらいです。
大体14時頃に出て16時過ぎまでの長丁場です。
人間は疲れるけど、この方は嬉しそう。
続きを読む

最近の楽しみ(miori)

おはようございます。

近頃、殆どは自宅で過ごす方も沢山いらっしゃるかと思います。
最近の私の楽しみは、録画したテレビ番組やドラマを見ながらお昼ご飯を食べることと、夜ご飯の後に食べるアイスです。(食べ物ばかり)

お気に入りのアイスはアイスボックスのマスカット味。
続きを読む

ふわふわまでもう一歩(miori)

おはようございます。
記憶に新しい、むぎさんの断髪式…
続きを読む

今後の課題も山積み (井手)

 

不要不急

 

世間を騒がしている「不要不急」…でも、これって個人差がある。

 

一般的には不要でも誰かにとっては必要なものもある。

 

同じく、不急だろうと言われても、誰かにとっては至急ということもあるのだ。

 

また日本では、それを要請するわけで強制力がない。

 

だからなのか、その対価としての補償が(世界と比較して)低すぎる。

 

そうなると、止めたくても止められない…こういうことが起きるのは当然だ。

 

これは今後の課題だ。

 

 

 

休校

 

ピンチはチャンスと捉えて、今こそオンライン授業のチャンス…のはず。

 

だが出来ない理由ばかり挙げて、教育現場のクオリティの低さばかりが目立つ。

 

新学期を9月に、という案も昔からあるが…変化に対応する力は必要だと思うけど。

 

勿論、教師の問題とIT(情報通信技術)の整備が全くと言ってよいほど進んでいない。

 

文科省は10年以上前から地方交付税でITの導入を促すも、各自治体の優先順位は低い。

 

「子は宝」は言葉だけで、先生の保身が目立つのは私だけかな。

 

全国のいくつかの地域だけIT化が進むと格差が広がるばかりで、これもマイナス要素だ。

 

今までもダンスが取り入れられれば、その1年前から先生が習いに行くし、

 

英会話が必須となれば、こぞって先生が習いに行く…その場しのぎのつけ刃では心許ない。

 

今後の課題で心底ややこしい問題だが、急を要する。

 

続きを読む

BCG接種とコロナの関係性…(井手)

 

 

以前からあった指摘だが、結核の予防接種「BCG」の有無で、

 

新型コロナの死亡率に大きな差が見られたという。

 

ここまでくると、ちょっと無視はできないのでは。

 

以下 AERAより抜粋

 「現段階ではあくまで相関関係が見られるとしか言えませんが、だとしても非常に強い相関があるということになります」

 

大阪大学免疫学フロンティア研究センター招聘教授の宮坂昌之さんがそう指摘するのは、米ニューヨーク工科大学の研究者らが3月末、「BCGワクチンが新型コロナに対する防御を与えているのかもしれない」と結論づけた論文についてだ。

 

 各国の新型コロナの感染者数や死者数の人口比と、BCGワクチンの接種状況を調べたところ、感染率や死亡率は、接種していないイタリアやベルギー、米国などで接種している国々よりも統計学的に有意に高かったとしている。

 

 新型コロナの感染や致死率とBCGワクチン接種の関連を継続的にフォローしている宮坂さんは言う。

 

「人口100万人あたりの死者数でみれば、よりクリアに相関が浮かびます」

 

 人口100万人あたりの死者数は、集団接種を行ったことがない米国が227人、イタリアが490人。過去に広く接種していたものの現在はしていないフランスは396人、スペインは553人。一方、BCGを広く接種している中国は3.2人、韓国が5.0人、日本は4.4人。台湾に至っては0.3人にとどまる(いずれも57日現在)。台湾とスペインでは1800倍超の差がある計算だ。

 

続きを読む

散々だった「アベノマスク」 (井手)

 

 

514日時点で我が家に「アベノマスク」は届いていないが、

 

既に世の中にはあれほど手に入らなかったマスクが溢れだしている。

 

新型コロナ対策の肝煎りだったはずの「アベノマスク」だが、その緊急性は確保されず、

 

オマケに不良品(カビ・髪の毛混入など)が大量に見つかり一旦回収、

 

今後、東京都以外でやっと配られるみたいだ。

 

(この原稿がアップされる頃には既に配布済みかもしれない)

 

続きを読む

朝の光のショー (井手)

 

 

相変わらず、運動とコロナ対策を兼ねてウォーキングをしている。

 

日に3万歩を目安にしているので午前中にしっかり歩かないと目標に到達しない。

 

4時過ぎに我が家を出るのだが、23ヶ月に1度程度だろうか。

 

グッドタイミングで太陽と月と雲が光のショーを見せてくれることがあるのだ。

 

私が暮らす街が神秘的に映るので、何か特別な日が始まるようでワクワクする。

 

連日の足の疲れも、この時ばかりはリセットされるのか足が軽くなるのだ。

 

結局、人間は気分次第なんだね。

 

 

 

GW中にも1度だけそういう日があった。

 

私はBGMを聞きながら歩くのでスマホと水を背中に背負っている。

 

偶然にも光のショーに遭遇したら、すぐさまスマホを取り出して撮影している。

 

30秒単位で景色が変わることもあるのだ、急がなければ…

 

続きを読む

遺体の検査体制 (井手)

 

 

古くからの友人に納棺専門の会社を経営している友人がいる。

 

先日、ある新聞にコロナの件で彼のコメントが載っていたので連絡してみた。

 

心配したが元気そうだったので安心したと同時に困った事案も聞いた。

 

それはコロナで亡くなったと分かっていれば出番はないから心配ではないが、

 

まだ検査中でその結果が陽性・陰性と出ないうちにお亡くなりになり、

 

お葬式となったときが困るというのだ。

 

出来れば、結果を待って納棺をやりたいという。

 

それは当然である。

 

ご家族や参列者にとっても、陽性と陰性とでは対応がまるで違ってくのだ。

 

続きを読む

洗濯日和(miori)

おはようございます。
連日の快晴とは裏腹にコロナ自粛中の為、出かけられないもどかしさばかりが募ります。。

さて、こんなお天気を利用しないのはもったいない!と言うことでお洗濯大会の開催です。
続きを読む

パチンコ店は… (井手)

 

 

緊急事態宣言が延長になったが、各県で足並みが揃わない。

 

当然だが、それぞれの発生状況がかなり違うのだ。

 

岩手県は未だ感染者がゼロだし…だが、各県の歩調が乱れるのは心配である。

 

緩めたことでクラスターが発生したりしないだろうか。

 

やっと少し落ち着き始めたのに、ここで経済活動を徐々にでも再開していいのだろうか。

 

また人の移動が起こり、それこそウィルスを運ぶということにならないか。

 

心配は尽きないが、決まったことは仕方がない。

 

各自が自覚をもって行動してもらいたい。

 

 

 

さて、最近話題のパチンコ店が休業要請に応じない問題だが、

 

緩めた県内では当然のようにパチンコ店が再開しているところもあるし、

 

元来、休業要請の対象になっていないという地域もある。

 

よく考えてみれば、パチンコ店ではクラスターは発生していないようだ。

 

東京、千葉、大阪、福岡のパチンコ店は少し可哀そうな気もする。

 

日に1千万は稼ぐというのに、休業要請とセットの補償が低すぎるのである。

 

少し調べてみると、パチンコ店もイメージがだいぶ違う。

 

コロナ対策は(詳細は省くが)、思っている以上にやられていた。

 

続きを読む

オンラインでの葬儀 (井手)

 

 

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響でオンライン葬儀のニーズが高まっている。

 

葬儀仲介サービスを運営するユニクエスト(小さなお葬式)が、

 

今年の415日時点での緊急アンケート結果を見ると以下。

 

続きを読む

なにもしないGW(miori)

おはようございます。
皆様はどんなゴールデンウィークを過ごしましたか?
記憶に新しい、去年のゴールデンウィーク。
平成から令和に移り変わり『10連休』が話題になりましたね。
ゴールデンウィークはどこも混んでいて行けないからと結局近所で済ましたり、BBQなどをして人混みを避けていましたが…どうやら今年は新型コロナウイルスでそうもいかないようです。
自粛自粛…と散々言われやっと人の数も目に見えて減ってきましたが、治療薬が出来るまでは暫くこの『自粛』が終わりを迎える日はこないでしょう。

さて、自粛が続く中、テレワークが増え自宅で仕事をしたり飲食店なども一時休業や営業時間短縮など様々な措置を取っていますが、もちろん学校等もお休みになり、それに伴って世間のお母様達やお父様も、お子さんや家の用事に追われ大変な日々を過ごされているかと思います。

1番ネックとなるのは、学校がお休みになり給食などが全くなくなってしまったので、お子さんの3食分の食事。
給食費は月額平均おおよそ、4500円~5000円。
土日お休みだとしても20日間日割りで1食あたり250円。かなりお安いですね。
これを自宅で賄うとなると結構大変です。
食費ももちろんですが、作る手間を考えるとメニューを考え買い物に行き食材を買って3食作り、その他に家事やお子さんの勉強などに時間を費やし、全く自分の時間も持てない状況に。

続きを読む

経文と偈文 ③(井手)

 

テキストでは、経文の偈文も音声入りのCD教材を使用しています。

 

受講生用に纏めてテキストと併せて渡しております。

 

それと、本願寺派では導師の入退場の楽曲は原則決まっています。

 

良いか悪いかは別にして、正式な音楽をお勧めしています。

 

(勿論、CDでお渡しします)

 

そして、この音楽のこの部分から(という決まりがあり)

 

徐に司式者が場内を歩き始めます。

 

しかも浄土真宗本願寺派では、僧侶は男女とも左足から歩き始めます。

 

(浄土宗では、女性だけは右足からだったのではなかったでしょうか)

 

続きを読む

経文と偈文 ②(井手)

 

昨日からの続きです。

 

浄土真宗本願寺派の三奉請と同じものを浄土宗で比較すると、

 

四奉請(し・ぶじょう)という偈文になります。(浄土宗は三奉請もございます)

 

浄土宗は、呉音読みと漢音読みの両方がありまして

 

(その歴史的意味についてはカットさせてください)、

 

三奉請は呉音読み(本願寺派と同じ)もありますが、

 

四奉請は漢音読みです。

 

今、日本では漢音読みが普通です。

 

仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)を漢音読みすると

 

「ふっせつあびたけい」になり、実際、天台宗ではこのように読んでいます。

 

また話が若干ズレますが、天台宗では阿弥陀経は「中抜き」で読みます。

 

浄土宗では半巻で読みます。浄土真宗は1巻全部を読みます。

 

宗派で違いがありますね、読み方だけではなく、内容に関しても。

 

 

 

では浄土宗の例を挙げます(漢音で読みます)。

 

① 奉請十方如来(ほうぜい しほうじょらい)

 

入道場(じとうちょう)散華楽(さんからく)

 

② 奉請釈迦如来(ほうぜい せきゃじょらい) 入道場散華楽

 

③ 奉請弥陀如来(ほうぜい びたじょらい)  入道場散華楽

 

④ 奉請観音勢至諸大菩薩(ほうぜい かんにんせいし しょたいほさ)入道場散華楽

 

要するに、本願寺派が3点に絞ったものを浄土宗は4点にというところが違うところ。

 

繰り返しますが、浄土宗には三奉請もございます。

 

これらは経文ではなく偈文です。

 

続きを読む

経文と偈文 ①(井手)

 

葬儀の時、僧侶に「お経をあげてください(お願いします)」みたいに言うが、

 

正確に言うと「偈文(げもん)+経文」で成り立っているのだ。

 

(宗派によって語弊があります)

 

※「偈文(げもん)」や「経文」とは何のことかと言うと、

 

「経文(きょうもん)」は、仏教の経典のこと。

 

「偈文(げもん)」は、偈(げ)の文章のこと。

 

偈とは、韻文(いんぶん)の形を持つ、詩歌・詩句のことです。

 

韻文とは一定の文字のリズムや音のリズムがある文章のことです。

 

例を挙げた方が分かりやすいので…

 

本願寺派に「三奉請(さん・ぶじょう)」という偈文がある。

 

① 奉請弥陀如来(ぶじょう みだにょらい)  入道場散華楽

 

② 奉請釈迦如来(ぶじょう しゃかにょらい) 入道場散華楽

 

③ 奉請十方如来(ぶじょう じっぽうにょらい) 入道場散華楽

 

①の意味は、阿弥陀如来様来てください。

 

(奉請とは、導入部で仏や菩薩の来臨を請うもの)

 

②の意味は、釈迦陀如来様来てください。

 

③の意味は、十方如来様来てください。

 

というものである。

 

因みに「入道場散華楽」は「にゅうどうじょうさんげらく」と読みます。

 

十方とは、仏教では全てを意味します。東西南北で4つ(4方)。

 

それぞれの間を入れて計8つ(八方)。更に上下を足して計10で(十方)。

 

十方世界とは全ての世界という意味です。

 

説明が雑で怒られそうだが、簡単に言うと「阿弥陀様」「お釈迦様」

 

「それ以外のすべて諸菩薩様」皆さんどうか来てください、というわけです。

 

この三奉請に57分程度の時間がかかって儀礼ということになるのです。

 

しかし、その儀礼の意味を分かっている方がどの程度いるのでしょうか。

 

続きを読む

宗派の差定に沿ったアナウンス講座 (井手)

 

今年の4月、浄土真宗本願寺派の差上に沿ったアナウンス講座のテキストを作成中

 

…残念ながら新型コロナの影響で中止、再開の目途立たず…

 

改めて、お葬式でお経を「聞く」ということについて考えさせられた。

 

私が伺う予定だった地域の葬儀は浄土真宗本願寺派が主流で、

 

全お葬式の7割~8割のシェアを挙げていたから

 

「当該宗派の差上に沿ったアナウンス講座」をやりましょうとなった。

 

 

 

「差定(さじょう)」とは、法要儀式を執行するに当たり、その法要の式次第、

 

役配、衣体を紙に差し定めたもの。式次第のみを「差定」と俗称することもある。

 

つまり、お葬式の「セットリスト」と言ったら分かりやすいだろうか。

 

コンサートやライブなんかの場合、客にはプログラムやパンフレットが配られるが、

 

演じる側には「セットリスト」が存在し、衣装替えや進行だけでなく、

 

細かな書き込みや暗転のタイミング等が書かれているものだ。

 

続きを読む

コロナには (井手)

 

毎日(雨の日以外)、約30キロ歩いている。

 

ダイエットのために始めたが、今では完全な新型コロナ対策として

 

体力や抵抗力を維持するためである。

 

朝は4時半から3時間、会社まで1時間以上歩き、昼食後に1時間、

 

帰りも1時間以上歩き、全部で6時間半くらい歩くと30キロになる。

 

続きを読む

長い長い…(miori)

おはようございます。
弊社も先週から在宅勤務となり自宅で過ごす日々が増えてまいりました。

自宅待機の日が多くなり私が毎日いるので猫たちは満更でもないご様子です。
続きを読む

新型コロナって… (井手)

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の脅威は増すばかりで終息の気配は当分見えてこない。

 

昨年128日に発症したのを皮切りに、武漢市内では通常の様子とは異なる肺炎の患者が複数報告されていた。原因不明の肺炎患者は徐々に増え続けた。

 

20191231日武漢市の保健当局が行った発表で、

 

「海鮮市場と関連した肺炎が多く見つかっている。ウイルス性の肺炎とみられ、病原体の特定を進めている」…このことを知った方がほとんどだ。

 

年が明け、日本ではというより世界の人が、自分の問題として取り上げていなかったとき、

 

1月の時点で、すでに危機感を露わにしていたのが作家の百田尚樹氏だ。

 

彼のツイートには「大げさに言うな」や「煽るな!」「新型肺炎の何を知っているんだ」

 

そんな批判を浴びていたのだ。

 

百田氏は「私は専門家ではない。しかし作家の勘で、今回はとんでもない事態だと分かる」

 

と、言い切っている。

 

私は百田氏のファンではないが、彼の勘の鋭さには驚かされる。

 

このような勘が働く国会議員が10名でもいればなあ…実際には1人もいなかったようだ。

 

何にしろ、専門家という方たちがいなければ何もできなくて、道筋が描けない。

 

我々の代表なんだから、ここぞという時こそ、日本のために頑張れ!

 

今、政治力を使わないで、いつ使うのだ。

 

国難だ、与党も野党もないはず。

 

一丸となって新型コロナにあたって欲しい。

 

続きを読む

猫の病院〜Spring~(miori)

おはようございます。
最近やっと春らしい暖かさを感じられる気温になってきましたね。
我が家の猫様も窓から差し込む暖かい光にウトウトです。
続きを読む

アベのマスクを…(井手)

 

やっと「アベのマスク」が配布されてます。

 

遅すぎるだの、安倍さん自身以外の国会議員は他のマスクをしているだの、

 

安倍さんのマスク姿は顎まで隠れていないだの、価格の問題だの、

 

それはもうアベのマスクに対する様々な批判はよく分かりました。

 

要らないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

そんな皆様に、是非とも善意溢れる寄付をお願いしたい。

 

以下、東京新聞より。

 

<新型コロナ>アベノマスク、不要なら寄付を 路上生活者や介護支援の団体

 

2020418日 朝刊

 

介護施設に発送した寄付のマスク=さいたま市大宮区で(プラスロボ提供)

 

 政府による全戸配布が始まった布マスクを「必要としない」「使わない」という人に、ホームレス支援団体がマスクの寄付を呼び掛けている。住所のない人にはマスクは届かない。支援団体は「寄贈は『あなたのことを忘れていないよ』というメッセージでもある」と協力を求めている。

 

 全国の支援団体でつくるNPO法人「ホームレス支援全国ネットワーク」(北九州市)は、ホームページで寄付の方法を案内している。事務局が窓口となり、希望する会員団体へ配る。

 

 会員団体の一つ、東京・池袋で活動するNPO法人「TENOHASI(てのはし)」は、炊き出しなどで使い捨てマスクを配ってきた。今後は手洗いの仕方を伝えながらせっけんも配る。清野(せいの)賢司事務局長(58)は「感染拡大防止には、マスクを行き渡らせるのが大切。送ってくださるのはありがたい」と話す。

 

 介護施設と手伝いたい人を仲介するサイト「Sketter」では、介護施設へのマスク寄付を募っている。サイトに寄付枚数を入力した後、運営会社プラスロボ(東京都港区)にマスクを送ると、全国の施設に届く。仲介サイトを利用していない施設もマスク配布を希望できる。特設ページは「スケッター マスク」で検索。 (福岡範行 様)

 

以上

 

続きを読む