ブログカテゴリ:2018年1月



ドラえもんの秘密道具。 四次元ポケット、通称「なんでもポケット」。 正式名称は、ロボット専用四次元空間内蔵秘密道具格納ポケット。 (四次元空間使用許可管理局承認番号D7E1293) 長すぎる…覚えられない。
少し前にネットニュースで見たのだが、少し考えさせられた話。 私は離婚経験がないが、現在は4割程度が経験者だ。 この記事のようなことが、あっても不思議ではないと思った。
関東三大イルミネーションの1つ、 江の島も気になるところですが、 息子が少年野球を始めてからというものの、 めっきり遠出が出来なくなったので、近場の西武園へ イルミネーションを見に行ってきました。 なぜ、光はこんなにも心安らぐのでしょうね。 西武園のイルミは何度も見ているのに、 毎度毎度世界観にハマってしまう。
1月20日のニコニコニュースより。 なんとまあ過激なタイトル。 中国や台湾のお葬式は、日本より派手(なんだろう、多分)。 お葬式で多くの人を集めたい。 だから、多くの人を集めるために、女性に人寄せのイベントを依頼する。 これをお葬式で実行してしまうのは民族の感覚の違い?? 中国のお葬式
テレビにロシアでの代理出産のニュースが流れている。 芸能人の家庭をのぞき見するようなニュースの後だけに素直に喜べた。 泣いて喜ぶ夫婦の姿に嘘はなく、あんな嬉し涙を見たらこちらの目頭も熱くなる。 涙もろくなったものだ。
私は、本当の看取りの経験がない。 まだ井手家に養子に行く前、園田という苗字で父親と二人暮らしだった。 ある日、その父が突然亡くなる。 その日、父は我が家に友人に担がれて帰ってきた。 片手と片足が動いていない、口も回らないようだ。 その父の姿を見た途端、これは普通じゃないと感じた。 「じゃ、KAZUO君、帰るからね」と、...
金曜日の夜中の2時半に息子が突然の嘔吐で目を覚まし、 朝5時にもう一度。 昨晩食べすぎたからかな?なんて甘く見ていたらとんでもない。 学校の時間になってようやく寝付いたと思ったら、すぐに起きて それからは、激しい腹痛と5分から10分間隔での吐き気。 初めての胃腸炎ではないものの、壮絶で可哀想でした。 夕方の、学校からの電話では、...
秋田県内で、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1.7倍にも急増している。 自然保護団体が駆除の中止を求めているが、 クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。 ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種に分類される。環境省によると、国内では九州で絶滅と考えられ、四国では絶滅の恐れがある。 皆殺しが良いとは思えぬが…
怪獣の名前じゃないよ。 予測では、地球を人工知能(AI)が支配する2045年。 掲題の「シンギュラリティ」とは、技術的特異点のこと。 つまり、AIが人類の知能を超える時、それは核兵器以上の脅威となる。
今や人類は、大規模な気候変動など地球規模の脅威に取り組み始めている。 しかし、破滅的な「太陽嵐」に備えている専門家は殆どいない。 太陽嵐とは、太陽から大量の物質エネルギーが爆発的に噴出して地球の磁場を乱す現象。 前例がある。 1859年、「キャリントン・イベント」として知られる太陽嵐は、 巨大な太陽フレアと高エネルギーの粒子の噴出から始まり、...

さらに表示する