ブログカテゴリ:2019年3月



パンデミック、今ではこの言葉かなり浸透している。 映画などでは、感染者だらけの世界に救援隊として派遣されたチームが 命の危険を冒しながらも敵を制圧し、大切な人を救うという話。 途中、仲間が次々と倒れていき、チーム内にも感染は蔓延していく。 幾多の困難を乗り越え、執念で目的を達成する…このような話が多いはず。...
今年の2月8日に記事を読んだ。 気になって仕方がなく、その場で中味だけをスクラップした。 恐らく朝日デジタルニュースだと思います。 記者は渡辺純子とある。 以下、記事からの抜粋である 「たどった戸籍、古い新聞記事、触れた思い」
おはようございます。 先日東京で桜が開花したというニュースの後日、みぞれがふっていました。 いい加減どちらかの天気に定まってくれないとなかなか衣替えができません。 さて、先日出勤前についにやってしました。
おはようございます。 花粉が飛びまくりで鼻も目もひどい状態です。。。 さて、毎朝お決まりと言っていいほど井手氏が、昨日あったドラマの話をしてくるのですが、 私も見ているものもあるので何とな~くの話をするのです(笑) 先日世間を騒がせた、(ここではPさんとしておきましょう)Pさん逮捕により役に欠員が出てしまい世間はもちろん、...
3月12日・13日、二日間に亘る連続司会講座が終わった。 先週スピンオフした「ごはんソムリエ認定試験」の話は書いたが、 本来の目的である司会講座自体の報告はやっていない。 では、振り返りを…
3月12日、第65回葬祭セレモニー司会術【ベーシック講座】、 翌13日、【アドバンス講座】が開催されました。 この2日間、同ビルでは「ごはんソムリエ認定試験」が行われておりました。 同じビルを使う講座が2日間も連続するのは、私には珍しく、 何故か気になってググってみた。
亡くなった後も、数分間、耳だけは聞こえていると聞いたのはいつだったか。 かなり以前からそのような話があるが、医学的に根拠といえるものもあるようだ。 その真偽に関しては興味がないが、 医者から「ご臨終です」と告げられた後、 もし耳だけが生きていて、数分間、周囲の人の声が聴けるとしたら… 亡くなって逝く人に、聞こえていないかもしれないが、...
おはようございます。 花粉がより一層酷くなる今日この頃… 薬をもってしても、目薬をもってしても一向に防げている気がしません… 皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、最近お昼やら夜やらで食べたものを少しずつ撮り溜めていましたので解放いたします。
春の訪れを告げる東大寺修二会(お水取り)は大仏様で有名な奈良市ですが、 私はセミナーでは一度も奈良県を訪れたことがありません(残念)。 東大寺で3月1日から2週間にわたって行われる修二会(お水取り)の行事。 その名前とは裏腹に、松明が二月堂を駆け回るのですが、 1250年間も延々と続く、一見火のお祭りを、何故「お水取り」と呼ぶのか。...
未曽有の被害をもたらした3.11東日本大震災から8年。 あらゆる宗教を超え、犠牲者に祈りを捧げる追悼式典が終わった。 お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表しますと共に、 全ての被災の皆様にお見舞いを申し上げます。

さらに表示する