手元供養 (井手)

1年前、ウィルライフさんがやってらっしゃる「これからの楽交」に参加させてもらい、

「手元供養」のお話を聞かせていただいた。

講演して下さったのは山崎譲二様。

京都で博國屋という仏壇店を営むご主人である。

そして「手元供養」という言葉を生み出したのも彼である。

著書手元供養のすすめも読んでいたので興味深く拝聴した、という思い出がある。

また、シンボルツリータイプの樹木葬のビデオを見せていただいた。

確か臨済宗の、妙心寺と建仁寺という本山も既にやっていた。

価格もかなりのお手頃感がある。

そして何より、人種・国籍を問わない、更には宗派にもこだわらない、という驚きのお話であった。

 

先日、京都で司会研修会が開催された折、思いつきでお店を訪ねてみた。

機会があれば、お話がしてみたかったのと、

手元供養の品に触って感触を確かめてみたかったのである。

 

想像していたより遥かに思い…大きくはないがズシリと来る感じだ。

清水焼に拘るということは、やはり地元の方がメインになるのか。

東京でもキラキラしたガラス製などで見たことがある。

先日の終活フェアでも、骨壺の美しい琉球ガラスが展示されていたが、

骨灰にする金額も含めて67万だったと思う。このタイプが増えているのは間違いない。

またほんの少しだけ遺骨を入れて持ち歩くことができるタイプは、竹製だが頑丈に出来ていた。

どうしても竹に拘った、それも京都ならではだろう。

 

その後、寺町通りにある博國屋の屋上でコーヒーをいただきながら、お話を伺う機会に恵まれた。

眼前に拡がるのは比叡山、送り火の五山…という素晴らしい眺望だ。

色々と含蓄のあるお話が聴けて大変勉強になりました。

 

「余談」

そういえば「終活フェア」で宇宙葬を見学した際、少し話を伺った。

「あのー、ここに入ったお骨が、宇宙に行くんですよね」

「はい、そうです。あの(上を指さし)宇宙へ行きます」

「それは、厳密には何処まで?」

「えっ、厳密には??」

「気球が割れずに行けても、成層圏まででしょう」

「そうですかね」

「いや、そうでしょう」

 

※地表の上には1万メートル位まで「対流圏」と呼ばれる空気の層があり、

それを超えると「成層圏」と呼ばれる、雲も雨もない、いつも晴れている層が50Kmあります。

 

「ということは、そこで地球をグルグル回るのかな」

「はー(返事もしなくなった)」

「骨が、地球をグルグルか」

「―――(無視かいッ!)」

「自由落下だね」

「―――」

「いずれ落ちてくるのだけれど、燃えちゃってなくなる」

 

とまあ、こんな感じです。

夢のない話で申し訳ないが、私は宇宙に行きたいとは思わない。