長生きリスク (井手)

最近の年寄りには「PPK」が好まれるという。

つまり「ピン・ピン・ころり」…と云う奴だ。

それだけ死ぬのは難しいということなんだろう。

そして死ぬ時まで「苦しみたくない」と、理想の死に方としてPPKがあるのだ。

 

しかし、というかやはり…難しそうだ。

そう簡単には死ねない、現代の日本では…

 

年老いて、病に倒れ、寝たきりになる。

そこからが、長い。(皆が皆、そういうわけではないが)

死にきるまでに、何回か手術、点滴、オムツ、痰の吸引、胃ろう等…時には拘束されて耐え続ける。延命治療を「どこかの時点」で拒否しない限り、終末期は長い。

高齢者の医療費だって馬鹿にならない。

 

何かが、おかしい気がする。

それぞれの家族で考え方は様々だから、後は年寄りである本人の考え方次第か。

平均的な死亡年齢は、80歳~89歳が一番多く(約38%)、

次が70歳~79歳(約23%)…この二ブロックだけで約6割を占める。

次に続くのが90歳以上(約20%)…ここまで入れれば8割だ。

 

そういえば「欧米には寝たきり老人はいない」というような本がなかったけ。

(タイトルは正確ではありません)

逆にいうと、その前に死にきるという意味だろう。

 

日本人の長生きは凄い。

人によっては矍鑠としてて、まるでスーパーマンだね…だから取材対象になるのだろう。

私は、あんな風にはなれないなあ…元気ないし。

長生きはある意味怖い。

私も望むのはPPKということだ。