三河安城で司会研修 (井手)

 

愛知県で司会研修の基礎編を開催していただきました。

 

有り難いことに10年以上は続けさせていだだいております。

 

 

 

元来この県は互助会に馴染み深く、しかも司会は女性でアウトソーシングが当たり前。

 

そんな流れがありました。

 

誤解があってはいけませんので申し上げますが、

 

あくまでも大雑把な、しかも私個人の見解です。

 

 

 

そして愛知県はというより名古屋市は、通夜振る舞いの席を設け、

 

例えば関東地方のように酒席の(法)宴はございません。

 

イメージからすると、結婚式が派手であるからお葬式も当然それなりと思いがち

 

ですが、すっとこどっこい!通夜の振る舞いがあったとしても助六をお渡しする程度。

 

いなり寿司とのり巻きの詰め合わせ

 

何か、地味な感じがします。

 

 

 

最近では、この風潮に風穴を開けようとわざわざ通夜振る舞いの席を設け、

 

料理のバリエーションも豊富にするなど努力している葬儀社も多いと伺っております。

 

しかし、固定されたやり方が伝統と勘違いする方も多く、なかなか苦労しているよう。

 

 

 

 

 

 

この講座は、本当の基礎編で、美しい日本語、正しい日本語を教えるものです。

 

そこから応用できる葬儀司会の言葉の発音の仕方や、

 

日頃習う事がない、日本語の音法についての理解と実演が研修のテーマです。

 

 

 

まず「理解する」、次に「聴いてみる」、そして「やってみる」

 

この繰り返しで1日を過ごし、帰宅後は音声教材CDを繰り返し聴く。

 

たったのそれだけで【ワンアップ】ですね。

(住友生命のCMかよ)

 

 

 

参加してくださった方は、私の講座が2度目の方もいますし、

 

また初めての参加という方もいます。

 

さすがに2度目の方は、以前渡したCD教材が効いていますね。

 

それは今回初めて参加された方の自信にもつながるのです。

 

全く同じになるとは言いませんが、誰が聴いても前回よりは圧倒的に上達します。

 

それがイメージできますので、講座終了後が楽しみです。

 

 

 

では、焦らずに、自分の発声学習能力を信じて聞いて下さい。

 

※9月20日には綜合ユニコム様主催の司会講座【ベーシック(アナウンス強化編)】を開催します。是非、ご参加ください。(HPのトップで詳細)