2018年1月

シンギュラリティ (井手)

 

怪獣の名前じゃないよ。

予測では、地球を人工知能(AI)が支配する2045年。

掲題の「シンギュラリティ」とは、技術的特異点のこと。

つまり、AIが人類の知能を超える時、それは核兵器以上の脅威となる。

 

 

 

この予測は「ムーアの法則」に基づき、

コンピューターの性能が1.5年毎に2倍の速度で進化した場合、

2045年には人類を超えるだろうといわれている。

 

実は今でも、近年の機械学習技術、特に脳の働きを模した深層学習は、

通常のコンピュータープログラムと違い、その中身が見えにくいのだ。

例えば、将棋や囲碁のAIは、既に人間より強い。(昨年も随分話題になった)

24時間AI同士で対戦を重ね、あっという間に人類の経験値を大幅に越えた。

だからプロ棋士でも驚くような「奇手」を繰り出して勝利を収めるが、

それがどのような論理で導かれたか、その論理を読み取ることは出来ないのだ。

 

将棋や碁なら、AIが人類を超えてもそう深刻にはならないが、

自動車運転や病気の診断など、人命にかかわる分野ではそうはいかない。

AIの判断の課程が見えないと、それはブラックボックス化され、

安心を求める声よりも不安が拭えないのだ。

 

いつかAIは、自分より優秀なAIを作りだし、更にそのAIがもっと優秀な…

爆発的速度でテクノロジーが自己進化を続け、

人類の頭脳レベルではついて行けない未来が待っている。

それが、そう遠くない近未来、2045年だ。

 

 

私は、生きているだろうか。


2017年12月


POST IN(Nishida)

続きを読む

進行中(Nishida)

続きを読む

代車(Nishida)

続きを読む

一の酉(Nishida)

続きを読む